お金で困っている時に、利用すると便利なのがプロミスです。
今まで消費者金融というのは、グレーゾーン金利などであまり良いイメージというのがなかったですが、最近は非常にクリーンになり金利もはっきりしているので利用がしやすくなっています。

プロミスの良い点の一つ目として、即日融資が可能ということです。
これはweb契約であればという条件もありますが、必要書類といったものもメールで提出すれば良いですし、来店しなくても契約が出来たり、当日振込も可能という面があります。
このようなことは突然飲み会に誘われたりした時に、昼間に申し込みをすれば、仕事が終わる夕方には融資を受けられるということになります。

二つ目に借りるのも返すのも来店が不要という点です。
お金を借りるという行為は後ろめたい気持ちがあり、中々来店というのがしにくいものです。
しかしプロミスなら来店が不要というだけでなく、いつでも24時間365日申し込みや借り入れ、返済が可能ということがあります。
都合に合わせて金融機関やコンビニなどでも使えるので、生活に合わせた行動というのを取ることが可能です。
これは忙しく働いている人であっても、気軽に使えるということが便利なプロミスにはあります。

そして最後にちょっとしたお金を借りる時にも、プロミスは30日間無利息サービスというのを行っているので、給料日前に少しお金が足りないという時に利用出来ます。
このようにプロミスには、即日借りることが出来て、いつでも利用できるなど利点が多くあります。プロミス 審査はこちらから!

rakutengupereカードローンで、今話題になっている楽天スーパーローン審査情報をご紹介させていただきます。

なぜ、こんなに支持されていて評判が良いのかというと、それは、2013年1月より、限度額が200万円まで対象で収入証明書の提出が原則不要となりました。

そしてさらに、ポイントがついてしまうんです。
ローンなのにポイント?これは、びっくりです。
しかもそのポイント数が凄いのです。

入会するだけで、1,000ポイント。
くわえて、利用することで残高により、最大で30,000ポイントがつき合計で、31,000ポイントがもらえるという事です。

しかもこのポイントを、あの楽天市場で使用できるのです。
こんなにお得なローンがあるなんて、本当に驚きです!

また楽天銀行には、ハッピープログラムというサービスがあり、上手に活用することにより、さらにお得になるのです。

エントリーするだけで、取引ごとに楽天スーパーポイントがどんどん貯まり、この貯まった楽天スーパーポイントを、振り込み手数料に利用できてしまうのです。

このエントリーも簡単に操作ができ、楽天会員IDでログインする楽天会員リンク登録を済ませるだけで、完了です。

また優遇の面でも嬉しいサービスがあり、5種類の会員ステージが設けられてそれぞれにお得な特典を提供しています。

優遇を受ける一番実践しやすい方法としては、貯金をする方法があり、金額により、ATM手数料が無料となったり、ポイントの獲得倍率が2倍となります。

賢く活用して、お得なローンでポイントを貯めてみませんか?

サッカーの名門、マンチェスターユナイテッドの香川真司選手の活躍が数試合続いています。
日本代表であり、ドイツのブンデスリーガで大活躍していた香川選手ですが、イギリス・プレミヤリーグのマンUに移籍してからは、活躍の機会に恵まれていませんでした。外からロングボールを多用するモイーズ監督の戦略に必要とされず、スタメンに選ばれないばかりか出場する機会すらなかなかありませんでした。

あの古くさい戦略を貫くモイーズ監督のせいで、マンUは10位前後の順位にとどまり、2012~2013年シーズンの王者だった頃の面影はどこにもありませんでした。
当然モイーズ監督の解任を求める声がサポーターを中心にわき起こっていたのですが、その理由の一つに、香川を起用していないということがあったようです。

そこでモイーズ監督は香川選手の起用をしたのです。
今回のニューカッスル戦で香川選手は、前回に続いてアシストを決めてチームの勝利に貢献しました。スペースを見つけ、そこに走り込んでパスを受け、攻撃の起点になるという香川選手の躍動感あるサッカースタイルは、モイーズ監督の古くさいサッカーには見られないもので、見ていて楽しいサッカーでした。

ここのところの活躍で、どうやら香川選手のスタメン出場が続きそうです。
是非この調子を維持して、数ヶ月後に迫ったワールドカップをいい状態で迎えてもらいたいものです。

建築界のノーベル賞:米プリツカー賞に震災被災者らのための“紙の建築”で知られる坂茂氏が選ばれたことについて、日本の建築家はなぜいつも賞を取ることができるのかとする記事を掲載したそうです。日本人建築家の受賞は昨年の伊東豊雄氏に続き2年連続7人目なのです。

記事によりますと、世界の建築界は 他の芸術より10-20年遅れており、今がちょうど1980年代から90年代の日本デザイン全盛期に入っているというのです。日本の建築家は欧米に比べて高い想像力と実験精神があり、その流れの中で今回、坂氏が認められたと分析しています。

坂氏は建築界ではユニークな存在で、紙やコンテナ等普通の素材を使い斬新なデザインで表現するのを得意とし、個人住宅から文化的施設に至るまで幅広い建築物を作り出しています。そしてその活動は、ルワンダで紙の管による難民シェルター、ニュージーランドの震災後の紙の大聖堂、阪神・淡路大震災被災地の紙の教会、東日本大震災の運送用コンテナの住宅等、世界各地の被災地を訪れ低コストでリサイクル可能な仮設住宅や被災者施設の建設に尽力しています。

私が思いますのに、今回の受賞に対する中国メディアの分析はなかなか面白く、うなずけるものがあると思います。日本の建築界のデザイン性が国際的に評価を高めている流れの中で、坂氏の高いデザイン性と人道的な活動が高く評価されたことだと思います。被災地では集会施設や仮設住宅がすぐにでも必要になります。そのような状況の中で、紙を使った低コストでリサイクル可能な坂氏のデザイン性のある建築物は、施設としての機能を果たす他に、被災者の心を大いに和ませてくれるのです。

今後、世界の被災地を股にかけた坂氏のさらなる活躍を期待するともに、8人目の受賞を期待したいと思います。

STAP細胞が発表されてから今日までに、いくつかの大学や機関が論文について精査しているようですね。注目の再生医療の分野だけに、研究者の目も厳しいのでしょう。記事によると、どうやら他の研究所などでSTAP細胞の実験を再現できていないことが原因にあるそうです。

専門的な内容は分かりませんが、今回の注目はSTAP細胞の研究にとっては良い事だと思います。精査の過程で、確実なSTAP細胞の作製手順が発見できるかもしれません。また、全く異なる別の手法を見つけることに繋がる可能性もあるでしょう。どちらにしろ、STAP細胞について今は分かっていない部分まで、詳細が明らかになるはずです。

STAP細胞が、iPS細胞のように世界中で研究対象になるにはまだ時間が掛かるかもしれませんが、今後のSTAP細胞の発展には期待しています。将来的には両細胞が再生医療分野の中心になってくれると嬉しいです。そうなれば、日本が世界の再生医療を引っ張って行く存在になれるでしょう。

iPS細胞を開発をした際に、様々な事情によって臓器が損傷した場合に、iPS細胞は臓器の細胞を再生する細胞として、将来の医療に期待できる細胞であると思いました。

ただし、細胞の突然変異などのリスクがまだ証明されていなかったので、今日のiPSに関するニュースにおいて、がん化のリスクがほとんどないことが教授によって発表されていたので、リスクがなくて実用段階に入っていることに安心しました。2006にiPS細胞を開発してから、並々ならぬ実験の努力をしていたことに関心をしました。

人間の細胞の再生に関わるので、安全性が証明されなければ使えないが、これまでの実験の過程において、動物による実験において安全性が証明されたので、将来的に人の細胞を再生できるように人の細胞で確実に安全性を証明して欲しいと思います。再生の細胞が実用化すると、高度な医療によって人間の寿命が延びたり、損傷した組織の機能が回復することを期待しています。

私がこのニュースを見てまず思ったことはこの少年の着目点がすごいということです。
走れメロスを呼んでいても大抵の人は移動速度を気にしないだろう。

物語で主人公が走ってると言われれば主人公は走っているのだろうと普通は想像する。実際自分もこの物語を読んだときは頭の中のイメージとしては走っているの1点でした。しかし、この少年の検証結果を見てみると確かにメロスは走っていないことがわかった。

そしてその後の少年の走れメロスじゃなく走れよメロスという感想には思わず笑っちゃいました。確かに親友の危機であるにも関わらずほとんど歩いていた主人公。果たして主人公は初めからこれくらい歩けば間に合うとわかっていたのであろうか。そしたら正直この主人公は人以上の能力を持っているのだろう。

何せ途中で山賊とかに会ったとしてもその分のロスタイムは計算されていたことになるのだ。もしそんなことが可能だとしたらこの物語の主人公は将来出世するタイプだろうなと思いました。

読売巨人軍の原監督がキャンプインを目前に控えて今年の4番打者について言及したようです。昨年の巨人の4番は前半戦は阿部選手が勤め後半戦は村田選手が勤めました。後半戦の村田選手の活躍は目覚ましくこれで4番は村田選手で決まりかなとも思いましたが日本シリーズになると再び阿部選手が4番に戻るという形で固定ができない状態でシーズンが終了してしまいました。

4番と言えばチームの顔で打撃の中心です。4番とエースががっちり固定できているチームは強いと昔野村監督が話していた事もありとても重要なポジションです。私としては村田選手が適任なのかなとも思います。阿部選手がキャッチャーでなければ間違いなく4番ですがキャッチャーとしての負担を考えれば5番か6番あたりが理想なのかなとも思います。私の理想は高橋選手に4番を打ってもらいたいところですがこのメンバーではきついのかなとも思います。生きのいい若手選手も見当たらないため村田・阿部どちらかになりそうな気がします。

今年の全豪オープンは大変なことになっている。強烈な暑さが選手たちを襲い、体力をどんどん奪っていく。中には熱中症と見られる症状を起こしている選手もいた。そんな過酷な環境の中で、テニスの四大大会は行われているのである

強烈な熱波はついに43度という最高気温を記録し、試合続行不可能にさせてしまった。気温が下がるまでの間試合は中断し、結果的に4時間の中断を経て試合は再開された。あまりにも強烈な気温は、コート上に置いてあるペットボトルを溶かすまでに上がっていた
この過酷な状況の中、選手たちは優勝という最高の頂きを目指して頑張っている。全豪オープンは毎年気温との戦いと言われており、強靭な体力と気温に負けない集中力が求められている

日本からも沢山の選手が参戦し、連日この厳しい環境でプレーしている。男子では錦織選手の更なる活躍に期待している。この厳しい環境に耐え抜いて、また日本に素晴らしいニュースを持ってきてくれることを願う

先日から話題になっている冷凍食品に農薬に使われている薬物が混入していた事件。
このニュースを見てすぐに自分の家の冷凍食品をチェックしました。幸い私の家にあったものはこのニュースになっている工場で作られたものはありませんでしたが、もし使用していたらと思うとゾッとします。

そして後日実家に帰った際にも実家の冷凍庫をチェックしたところ、その工場で作られたものを発見しました。ニュースで取り上げられていたものと同じ種類のものではありませんでしたが、同じ会社のものということですぐに処分しました。

実家には祖父母がいるので、もし、祖父母が農薬の混入していた食品をたべてしまっていたらと考えると怖いと同時に犯人やその会社に対して怒りが湧いてきました。
こういう事件が起こるたびに思うのは、なぜそんな薬品を工場内に持ち込めるような甘い管理をしているのかということです。

食品を扱うのであれば、細心の注意払ってもらわないと消費者は安心できないと思います。
今後はもっときちんと管理していただき、このような事件が起こらないことを願っています。

レギュラーシーズン24勝無敗という途方もない大記録を打ち立てて、ポスティングでの今オフのメジャー移籍が確実視されていた楽天の田中将大投手ですが、制度の見直しや落札額の上限が大きく引き下げられたことから行き先が不透明になっていました。
特に球団側に支払われるお金が実質大幅に引き下げられたことから一部では来季も楽天に残留が濃厚というニュースもありましたが、ここに来て球団側から移籍について容認されたということで晴れてメジャーに挑戦することが可能となりました。

しかも従来のポスティング制度では球団側にもっとお金が入る予定だったのが大幅に減ってしまい、その差額をいくらか埋めるべく田中投手側から球団側へ寄付を行うという点については正直言ってちょっとビックリしてしまいました。
大ざっぱに言えば田中投手が何億だか分かりませんが自腹を切るということになるわけでとても豪気な男だと思いました。
いずれにしろメジャーでも先輩のダルビッシュに負けないくらいの活躍を期待しています。

グーグルは、情報検索エンジンの最大手企業だが、
何故か今日、軍事用のロボットなどを開発する米ボストン・ダイナミクス社を買収したそうな。

なぜ買収したのだろうか?、と気になって調べてみると、
どうやら今月ロボット事業への参入を発表したとのこと。

日本のベンチャー企業も先日買収され、今回のニュースで8社目の買収。
どんどんと技術を蓄えている模様。

もし、グーグルが順調にロボットを開発したら
将来は、グーグル製のロボットが家庭に一台という時代になるのだろうか?
そうなったら個人的には嬉しい。

やはり日本人としては、
未来で人間とロボットが一緒に暮らしているところを見てみたい。
漫画で見たドラえもんのような世界が実現してほしい。

ただ、それが100年後ではちょっと困る。

ニュースによるとグーグルは10年計画を立てて事業を進めているようなので、
そのロードマップへ近いうちに、家庭用ロボットの開発が組み込まれ、
自分が生きているうちに、ロボットを普及させて欲しい。

ニュースを見てそのようなことを考えた。

^