初めてカードローンを申し込む時に「申し込みって面倒なのかな・・」「どれくらいの返済額になるのかな・・」と不安なことも多くなかなか前に一歩を踏み出せませんでした。

ですがインターネットから返済シミュレーションを試せて自分に負担にならない程度の返済額になると分かったので、これなら大丈夫かなという気持ちになりました。申し込んだのはバンクイック審査です。

お金を借りるきっかけは、急な出費が重なった月にお給料が入るまでの一時しのぎとして利用してみようと思ったことからでした。
そして利用した感想はと言えば、想像以上に手続きなども簡単だし安心できると分かりました。
取引内容はパソコンやスマホでいつも確認できるので、使い過ぎることもなく自分に取ってもう一つのお財布のように便利に使ってますよ。
以前は給料日前にお財布の中身が不安でしたが、今は強い味方がいるような感じでちょっと心に余裕が出来ましたね。

もっとも、借入先は、消費者金融と銀行、どちらにするか迷いますよね。一つ大きな違いといえば、総量規制の対象か否かということです。お金を借りるならやはり総量規制の対象外のところが良いですね。

消費者金融から借りるのは、審査スピードなど、急ぎの時が良いようです。
もっとも、今では銀行も即日融資とかいって申込み当日にお金を借りることもできるみたいです。
金利とかいろいろ条件はあるのでどこから借りるか悩みますね。

rakutengupereカードローンで、今話題になっている楽天スーパーローンをご紹介させていただきます。

なぜ、こんなに支持されていて評判が良いのかというと、それは、2013年1月より、限度額が200万円まで対象で収入証明書の提出が原則不要となりました。

そしてさらに、ポイントがついてしまうんです。
ローンなのにポイント?これは、びっくりです。
しかもそのポイント数が凄いのです。

入会するだけで、1,000ポイント。
くわえて、利用することで残高により、最大で30,000ポイントがつき合計で、31,000ポイントがもらえるという事です。

しかもこのポイントを、あの楽天市場で使用できるのです。
こんなにお得なローンがあるなんて、本当に驚きです!

また楽天銀行には、ハッピープログラムというサービスがあり、上手に活用することにより、さらにお得になるのです。

エントリーするだけで、取引ごとに楽天スーパーポイントがどんどん貯まり、この貯まった楽天スーパーポイントを、振り込み手数料に利用できてしまうのです。

このエントリーも簡単に操作ができ、楽天会員IDでログインする楽天会員リンク登録を済ませるだけで、完了です。

また優遇の面でも嬉しいサービスがあり、5種類の会員ステージが設けられてそれぞれにお得な特典を提供しています。

優遇を受ける一番実践しやすい方法としては、貯金をする方法があり、金額により、ATM手数料が無料となったり、ポイントの獲得倍率が2倍となります。

賢く活用して、お得なローンでポイントを貯めてみませんか?

クーリングオフというのは、購入や契約してから一週間以内であれば契約を一方的に取り消すことができるという消費者保護のための制度のことをいいます。
これは新規の契約のみでなく、契約内容を変更した場合など要件さえ満たせばクーリングオフの対象になります。ただし、クーリングオフをするには書面による申し出をする必要があります。
これは保険などでも適用されますが、契約にあたって医師の検診を受けた場合や保険期間が1年以内の契約の場合は適用外となります。

銀行カードローンが貸し過ぎで批判されていますね。
この批判をうけてどの銀行もカードローンの運用を見直しているようです。一斉に見直しをするさまは少々滑稽でもあります。
それにしても。。。
自己破産の増加の責任を銀行に押し付けようとするこの国はやっぱりおかしな国です。どの記事を読んでみても、借りた本人の見通しの甘さや生活態度の悪さには全く触れず、そんな人にも融資した銀行のせいで自己破産に陥ったかわいそうな人という位置づけです。
どこまで甘やかすんでしょうか。

人気タレントの彦摩呂さんが、3カ月間で何と20キロもの減量に成功したそうです。とはいえ、120キロの体重が100キロになったという事で、まだまだ太っている事には違いはありませんね。

年齢がばれちゃいますけど、元々はアイドルとしてデビューしたことを知っている者としては、あの当時のスリムでカワイイ彦摩呂さんカムバーック!!って気持ちもあります。もっと頑張って痩せてもらいたいって思います。もちろん健康の事を考えても、痩せた方が良いに決まっていますし。

彦摩呂さんの実践したダイエットは「低糖質ダイエット」だそうです。炭水化物の摂取を半分にして、その分繊維質の豊富な食物をたくさん食べるというもの。「食べる量を減らすのではなく、質を変える」「食べないダイエットはもう古い」とまで彦摩呂さんは仰っています。思う存分に食べられて、なおかつ痩せられたら最高ですよね。私も真似してみようかなって思いますが、でも炭水化物が死ぬほど好きなものですから、半分に減らすのも私には苦痛です。

宝塚歌劇と言えば絢爛豪華な煌びやかな舞台を想像していましたので、このニュースは意外でちょっとビックリしてしまいました。

なんとあの「ルパン三世」を宝塚がミュージカルとして上演するんだそうです。宝塚ってチャレンジャーですね!誰もが知ってるアニメの人気作を実写化するだけでもハードル高いのに、それをミュージカルにしてしまおうというのだから、すごいです。

もちろん主役のルパンをトップスターが演じると思いますが、ルパンって決して二枚目キャラじゃないので、どんなふうになるんでしょうか。それとお色気キャラの峰不二子は?宝塚の娘役って清純なイメージしかないのですが、一体どんな演出になるのか興味があります。宝塚のトップスターが「ふ~じこちゃ~ん!」って追いかけ回したりするのかしら。

でもアクションシーンなんかはきっとかっこよく決めてくれそうですね。ルパン三世のテーマで踊ったりするんだろうな。上演は来年だそうですが、機会があればぜひ見てみたいなと思います。

日本においては乳児院等にいる子供を引き取ろうという子供が少ないというのは厳然たる事実です。それは諸外国と比べてもかなりの隔たりがあるのも間違いないです。

ですが、それはある意味私は自然な事のように思えます。それはどうしてかというと、日本において親が子供を育てるというのは血縁関係が重要だという意識が他の国以上に強いからです。

ですから、日本では夫婦間で子供ができない等の特別な事情がない限り養子縁組をしないと思います。ですから、安易に日本において養子縁組が少ないという理由で養子縁組の日を作ってもあまり意味はないと思います。

それは上記の通り日本人は血の繋がりをかなり重要視しているからです。
ですから、養子縁組の日を作ったところで里親が増える道理はないと私は思います。

これは完全にお国柄の違いによるもので国民に里親になれと押し付けるわけにもいかないので、
どうしようもない事だと私は思います。

サッカーの名門、マンチェスターユナイテッドの香川真司選手の活躍が数試合続いています。
日本代表であり、ドイツのブンデスリーガで大活躍していた香川選手ですが、イギリス・プレミヤリーグのマンUに移籍してからは、活躍の機会に恵まれていませんでした。外からロングボールを多用するモイーズ監督の戦略に必要とされず、スタメンに選ばれないばかりか出場する機会すらなかなかありませんでした。

あの古くさい戦略を貫くモイーズ監督のせいで、マンUは10位前後の順位にとどまり、2012~2013年シーズンの王者だった頃の面影はどこにもありませんでした。
当然モイーズ監督の解任を求める声がサポーターを中心にわき起こっていたのですが、その理由の一つに、香川を起用していないということがあったようです。

そこでモイーズ監督は香川選手の起用をしたのです。
今回のニューカッスル戦で香川選手は、前回に続いてアシストを決めてチームの勝利に貢献しました。スペースを見つけ、そこに走り込んでパスを受け、攻撃の起点になるという香川選手の躍動感あるサッカースタイルは、モイーズ監督の古くさいサッカーには見られないもので、見ていて楽しいサッカーでした。

ここのところの活躍で、どうやら香川選手のスタメン出場が続きそうです。
是非この調子を維持して、数ヶ月後に迫ったワールドカップをいい状態で迎えてもらいたいものです。

建築界のノーベル賞:米プリツカー賞に震災被災者らのための“紙の建築”で知られる坂茂氏が選ばれたことについて、日本の建築家はなぜいつも賞を取ることができるのかとする記事を掲載したそうです。日本人建築家の受賞は昨年の伊東豊雄氏に続き2年連続7人目なのです。

記事によりますと、世界の建築界は 他の芸術より10-20年遅れており、今がちょうど1980年代から90年代の日本デザイン全盛期に入っているというのです。日本の建築家は欧米に比べて高い想像力と実験精神があり、その流れの中で今回、坂氏が認められたと分析しています。

坂氏は建築界ではユニークな存在で、紙やコンテナ等普通の素材を使い斬新なデザインで表現するのを得意とし、個人住宅から文化的施設に至るまで幅広い建築物を作り出しています。そしてその活動は、ルワンダで紙の管による難民シェルター、ニュージーランドの震災後の紙の大聖堂、阪神・淡路大震災被災地の紙の教会、東日本大震災の運送用コンテナの住宅等、世界各地の被災地を訪れ低コストでリサイクル可能な仮設住宅や被災者施設の建設に尽力しています。

私が思いますのに、今回の受賞に対する中国メディアの分析はなかなか面白く、うなずけるものがあると思います。日本の建築界のデザイン性が国際的に評価を高めている流れの中で、坂氏の高いデザイン性と人道的な活動が高く評価されたことだと思います。被災地では集会施設や仮設住宅がすぐにでも必要になります。そのような状況の中で、紙を使った低コストでリサイクル可能な坂氏のデザイン性のある建築物は、施設としての機能を果たす他に、被災者の心を大いに和ませてくれるのです。

今後、世界の被災地を股にかけた坂氏のさらなる活躍を期待するともに、8人目の受賞を期待したいと思います。

STAP細胞が発表されてから今日までに、いくつかの大学や機関が論文について精査しているようですね。注目の再生医療の分野だけに、研究者の目も厳しいのでしょう。記事によると、どうやら他の研究所などでSTAP細胞の実験を再現できていないことが原因にあるそうです。

専門的な内容は分かりませんが、今回の注目はSTAP細胞の研究にとっては良い事だと思います。精査の過程で、確実なSTAP細胞の作製手順が発見できるかもしれません。また、全く異なる別の手法を見つけることに繋がる可能性もあるでしょう。どちらにしろ、STAP細胞について今は分かっていない部分まで、詳細が明らかになるはずです。

STAP細胞が、iPS細胞のように世界中で研究対象になるにはまだ時間が掛かるかもしれませんが、今後のSTAP細胞の発展には期待しています。将来的には両細胞が再生医療分野の中心になってくれると嬉しいです。そうなれば、日本が世界の再生医療を引っ張って行く存在になれるでしょう。

iPS細胞を開発をした際に、様々な事情によって臓器が損傷した場合に、iPS細胞は臓器の細胞を再生する細胞として、将来の医療に期待できる細胞であると思いました。

ただし、細胞の突然変異などのリスクがまだ証明されていなかったので、今日のiPSに関するニュースにおいて、がん化のリスクがほとんどないことが教授によって発表されていたので、リスクがなくて実用段階に入っていることに安心しました。2006にiPS細胞を開発してから、並々ならぬ実験の努力をしていたことに関心をしました。

人間の細胞の再生に関わるので、安全性が証明されなければ使えないが、これまでの実験の過程において、動物による実験において安全性が証明されたので、将来的に人の細胞を再生できるように人の細胞で確実に安全性を証明して欲しいと思います。再生の細胞が実用化すると、高度な医療によって人間の寿命が延びたり、損傷した組織の機能が回復することを期待しています。

^